診療科のご案内

CE部

皆様へ

私たちCE(クリニカルエンジニア:臨床工学技士)室は当法人の理念である「断らない医療」「患者主体の医療」を念頭に当直、オンコール体制をとり、24時間365日、急性期医療に対応する部署として心臓、 脳カテーテル業務、心臓手術業務、急性血液浄化業務、救急治療業務に積極的に取り組んでいます。 また、医療機器のスペシャリストとして日々安全な治療が提供できるよう人工呼吸器・人工透析装置・人工心肺装置等医療機器の保守管理に努めるとともに最新の治療にも対応できるよう知識・技術の習得に積極的に取り組んでいます。

CE室の概要:埼玉石心会病院CE室はカテーテル業務、体外循環業務、機器管理業務、血液浄化業務の4本柱を中心に様々な業務に取り組んでいます。

1. カテーテル業務部門

  1. カテーテルセンタ―業務

    3室あるカテーテルセンタ―で心臓カテーテルや、腹部アンギオ、ペースメーカー植込みなど、年間2000件を超える検査や治療が行われています。その中でCEは生体監視記録装置(ポリグラフ)の操作、 血管内画像診断装置(IVUS、OCTなど)の操作や画像解析、補助循環装置(IABP、PCPSなど)をはじめとした緊急時の医療機器操作、各デバイス(STENT、コイルなど)の管理などを行っています。

  2. 低侵襲脳神経センター業務

    3室ある低侵襲脳神経センターでは脳血管内治療の対応や、開頭手術時の刺激装置、マッピング装置の操作などを担当しています。

2. 体外循環業務部門

心臓や大動脈手術の際に必要となる人工心肺の操作を担当し、年間約200件の体外循環を施行しています。 また人工心肺以外の周辺機器(自己血回収装置、冷凍手術装置、心拍出量測定装置など)の操作、点検も行っています。緊急症例に常に対応できるよう、24時間365日交替でオンコール体制を敷いています。

3. 機器管理業務部門

  1. 機器管理業務

    平成19年4月より医療機器を安全に使用するため、厚生労働省より保守点検が義務づけられました。それに伴い、院内の医療機器を法律に従い、機器管理システムを導入し管理しています。また、職員にむけて医療機器の安全使用に関する勉強会も行っています。

  2. 集中治療室業務

    集中治療室では人工呼吸器・PCPS・IABPなどの生命維持管理装置の操作や点検を中心に、様々な職種と関わりながらチーム医療に貢献しています。集中治療室は24時間稼働しているため、患者の急変や機器のトラブルに対応できるようにCEも当直体制で業務にあたっています。

4. 血液浄化部門

  1. 血液浄化部門

    透析室のベッドは10床で運用し、隣接するさやま腎クリニックの患者さんをはじめとし、その他近隣施設からの入院患者さんの入院透析に対応しています。 CEは、透析装置の保守管理から穿刺、回収などを行います。装置は全台個人用透析装置を使用し、患者さんに合わせた透析液を使用できるようにしています。また、夜間帯の緊急症例は待機者により対応しています。

  2. 急性血液浄化業務

    急性血液浄化療法はICUとCCUを中心に行われ、持続的血液透析濾過、エンドトキシン吸着、単純血漿交換(PEX)、白血球吸着療法(LCAP)、腹水濃縮濾過等を施行しています。

  3. バスキュラーアクセス(VA)関連業務

    透析患者さんのVAトラブルの精査やVA造設前のマッピングを行うシャントエコー、及びシャント狭窄・閉塞に対する経皮的血管形成術(シャントPTA)施行時の対応を血液浄化部門のCEが担当しています。

5. その他の業務

  1. 高気圧酸素業務

    第1種装置1台で耳鼻科、泌尿器、形成外科領域の患者さんの治療を年間約300件行っています。

  2. 心臓ペースメーカー・ICD/CRT業務

    ペースメーカーやICD/CRT植え込み患者さんの定期点検、植え込み時の点検等を専用の機械(プログラマー)を使用して行い、異常の早期発見に努めています。

スタッフ紹介

構成人数
19名(2016年4月現在)

認定資格者(2016年4月現在)
体外循環技術認定士:2名
3学会合同呼吸療法認定士:7名
心血管インターベンション技士:2名
透析技術認定士:3名

熊田 裕一

役職

課長

取得資格

臨床工学技士

担当

カテーテル部門

高山 紀彦

役職

係長

取得資格

臨床工学技士

担当

低侵襲脳神経センター

羽生 宜浩

役職

係長

取得資格

臨床工学技士・透析技術認定士

担当

血液浄化部門

里村 知克

役職

係長

取得資格

臨床工学技士、臨床検査技師

担当

機器管理部門

佐藤 玄

役職

係長

取得資格

臨床工学技士、体外循環技術認定士

担当

体外循環部門


一覧に戻る