病院紹介

院長ご挨拶

埼玉石心会病院は狭山、入間、所沢、飯能、日高からなる埼玉西部医療圏にあって高度な急性期医療を行い、かつ慢性期の病気から健康相談、緩和治療、在宅ケアまで 幅広く地域に貢献することを目標としています。入院ベッド数は一般病床349で、救急の外来部門を持ち1日20台前後の救急車を受け入れ、「断らない救急医療」を実践しています。
救急車以外の直接来院患者さんと外来での化学療法も担当し、救急以外の予約外来患者さんは併設する「さやま総合クリニック」に受診していただいています。 また、透析患者さんの通院透析は「さやま腎クリニック」が担当いたします。

患者さんを大切にする気持ちを常に忘れずに、最高の医療レベルの診療を行っていくことが私たち埼玉石心会病院の医療人としての心意気です。病院の医療に対する理念、基本方針についてはぜひそれぞれのページをお読みになってください。

私たちの病院には医師、看護師、救急救命士、薬剤師、放射線技師、臨床検査技師、臨床工学技士、 リハビリ担当の理学療法士・作業療法士・言語聴覚士、管理栄養士と調理師、社会福祉士、保育士、事務担当、これ以外のスタッフ合わせて800名をこえる職員がおります。 その一人一人が病院のチーム医療の中での自分の役割を十分心得て、やりがいをもって職務に携わっています。 職員が自分の仕事に矜りを持って動き回っている病院こそが患者さんにとっての良い病院であると信じています。 埼玉石心会病院職員たちの心意気を感じとっていただき、安心して病気に立ち向かっていただけることを心から願っております。

埼玉石心会病院 院長 志田晴彦

院長のプロフィール

昭和52年 東京大学医学部卒業
昭和52年 三井記念病院外科
昭和57年 東京厚生年金病院外科
昭和63年 国立がんセンター外科
平成1年 東京厚生年金病院外科医長に就任
平成5年 東京厚生年金病院外科部長に就任
平成16年 東京厚生年金病院外科主任部長に就任
平成19年 東京厚生年金病院副院長に就任
平成26年 東京新宿メディカルセンター副院長
平成27年 石心会 埼玉石心会病院 院長に就任
【認定資格】 日本外科学会専門医・指導医
日本消化器外科学会専門医・指導医
日本大腸肛門病学会専門医・指導医