病院紹介

沿革

昭和62年
4月
医療法人財団石心会狭山病院開院(288床)
ICU・CCU及び2階南病棟 開棟
9月
4階南病棟 開棟
11月
3階南病棟 一部開棟
昭和63年
1月
3階南病棟 全開棟
9月
救急告示医療機関 認可
10月
人工透析室10床から17床へ増床
平成元年
4月
4階北病棟 一部開棟
12月
病院保育室の新築移転
平成 2年
2月
医薬分業方式開始
5月
4階北病棟 全開棟
平成 3年
1月
人工透析室17床から21床へ増床
12月
人工透析室21床から31床へ増床
平成 5年
4月
所沢地区第二次救急医療輪番制病院 認可
平成 6年
8月
薬剤管理指導 施設認定
平成 7年
9月
3階北病棟 開棟
平成 8年
1月
開放型病院 認定
平成 9年
4月
西棟開設 人工透析室を31床から35床へ増床
MRI・ヘリカルCT導入
平成10年
8月
特別集中治療室管理 施設認定
11月
日帰り手術開始
平成11年
10月
日本病院機能評価「一般病院種別B」認定(10月18日)
平成12年
2月
外来全科予約システム導入
6月
61床の増床認可
8月
小児科救急医療病院群輪番制病院
(所沢市・狭山市・入間市)認可
平成14年
4月
臨床研修病院(管理型)指定
平成15年
3月
さやま総合クリニック開設
(一般外来及び通院透析部門を分離)
人工透析室35床から12床へ縮小
(病院は原則入院透析のみ)
保育室新築移転
5月
手術室増室 3室から5室へ増室
9月
外来診察室6室運用開始
10月
救命救急室増室 1室から2室へ増室
ホールディングルーム運用開始
平成16年
4月
増床 288床から349床へ増床
新西棟開設(1階リハビリテーション室・2・3階病棟)
5月
新西棟 リハビリテーション室及び西病棟2階 運用開始
7月
地域医療支援病院承認
10月
日本病院機能評価「審査体制区分3(Ver.4.0)」更新
平成17年
2月
人工透析室12床から8床へ縮小
3月
本館5階緩和ケアユニット(8床)運用開始
4月
6列マルチスライスCT稼働
6月
1.5テスラMRI稼働
西病棟3階運用開始
9月
救急医療功労医療機関として埼玉県知事より表彰を受ける
10月
HCU(2階南病棟) 2床から5床へ増床
平成18年
1月
患者さんのための3つの宣言事業に参画
6月
疾患別による包括評価制度(DPC)導入
8月
地域連携診療計画(大腿骨頸部骨折)運用開始
平成19年
4月
画像システム入替及びフィルムレス化
本館病室改修工事終了
5月
埼玉県栄養関係功労者知事表彰で優良施設として表彰
8月
新潟県中越沖地震医療チーム派遣
本館特室5部屋リニューアル
平成20年
3月
さやま総合クリニックCT128列 更新
4月
がん診療指定病院(埼玉県指定)
11月
がん診療指定病院(埼玉県指定)
平成21年
4月
さやま総合クリニック4階に健診センターオープン
女性検診さくらホール併設
5月
さやま総合クリニックMRI 1.5T導入
10月
日本病院機能評価「審査体制区分3」(ver.6.0)更新
11月
社会医療法人財団へ名称変更
平成22年
11月
EMT科(Emergency Medical Technician)新設
血管撮影室1 デジタルアンギオ装置更新(汎用シングルプレーン)
平成23年
6月
7:1看護体制
狭山病院CT320列 更新
平成24年
4月
がん診療指定病院更新
緩和ケア病棟8床で開棟
救急車の入れ替え(防振ストレッチャー、人工呼吸器など装備)
5月
所沢地区小児輪番(金曜日)開始
平成25年
4月
社会医療法人財団石心会 埼玉石心会病院へ名称変更
平成28年
6月
西棟にて回復期リハビリテーション病棟(58床)開棟