埼玉石心会病院の取り組み

がん治療について

平成24年4月、埼玉石心会病院は埼玉県知事により「がん診療指定病院」に継続指定されました。

当院は、平成20年に埼玉県知事により「がん診療指定病院」に指定され、埼玉県の西部地域のがん治療中核病院として機能してきました。 指定期間の4年を経て今回、継続指定を受けたことで、地域の皆様により質の高いがん医療を提供するため気持ちを新たにしています。
指定要綱では、5大がん(肺・胃・肝・大腸・乳)やその他のがんについて、手術や放射線療法・化学療法を効果的に組み合わせた集学的療法や緩和ケアを提供する体制を持つこと、 化学療法の提供、緩和ケアの提供などが定められています。当院では、手術を主体とする外科系診療部門と、化学療法・緩和ケアなどの内科系診療部門とが連携し、 患者にとって最良のがん医療を提供できる体制を整えてきました。
また地域の医療機関から紹介されたがん患者を受け入れ、また逆に状態に応じては他の医療機関に患者を紹介する地域連携の協力体制を確立してきました。 この「病診連携」「病病連携」も、地域のがん医療の中核病院としての役割です。
埼玉石心会病院では、ソーシャルワーカー(相談支援担当)が常勤し、がん相談に応じています。チーム全員で患者さんと向き合い、より良いケアを目指しています。

院内がん登録について

当院は埼玉県がん診療指定病院として県から指定を受け院内がん登録を行っています。
『院内がん登録』とは当院でがんの診断・治療を受けられた患者さんについて、がんの診断、治療、予後に関する情報を登録する仕組みです。
施設における診療の実態を把握し、がん診療の質の向上とがん患者の支援を目指すことを目的として行います。また、治療後の経過については定期的に追跡調査を行います。
皆様のご理解とご協力をお願いします。
※登録データの取り扱いについては、個人情報保護法に則って適切に管理しております。

診療実績

がんサポートチーム

緩和ケア病棟

緩和ケアチームについて