診療科のご案内

小児科

皆様へ

常勤医2名に加え、大学医局からの非常勤医師の応援を受け、小児疾患を広くカバーできるように外来診療体制を整えております。
外来診療は、さやま総合クリニックにて月曜日~金曜日の午前・午後と、土曜日の午前、予防接種と乳幼児健診は月・水~金の午後に行っております。
現在、埼玉石心会病院での診療(一般外来、入院)は行っておりません。
入院が必要と判断した場合は、他の医療機関へ紹介や搬送等をさせていただいております。
病院の新築・移転に向けて、小児科の診療体制の拡充を計画しています。

小児科が扱う主な病気

感染症(肺炎、気管支炎、胃腸炎、中耳炎、副鼻腔炎、おたふくかぜ、水痘 など)、
アレルギー・免疫疾患(気管支喘息、花粉症、じんましん、アトピー性皮膚炎 など)、
呼吸器疾患、消化器疾患、
腎・泌尿器疾患(膀胱炎、健診で尿の異常を指摘された、夜尿 など)、
皮膚疾患(とびひ、湿疹 など)、神経疾患(けいれん、てんかん など)、
内分泌疾患(低身長 など)
予防接種、乳幼児健診

小児科の特色

“こどもの内科”と言ったらわかりやすいでしょうか。 大人の方が内科を受診する症状(病気)を診るのが小児科です。
小児科医が対応するのは0歳(新生児)~15歳(中学校卒業)までの内科的疾患ほぼ全てであり、小児科の守備範囲はとても広範囲です。(野球に例えるならば内野と外野すべてが守備範囲といったところです。)
さらに子どもは成長・発達を遂げていくという大人には見られない特徴もあります。
時間とともに発育・発達していく過程で子どもは、感染症をはじめとして様々な病気にさらされます。
その病気を治すことは勿論、病気の予防や健康の維持、発育発達が順調かチェックを行うことも小児科医の務めと考えています。
当科で診療を行っている医師は皆、永年小児医療に携わり専門的知識を持ったベテランで、小児の各年代の発育・発達に応じた小児内科全般の診療が行える(野球で言えば内野・外野問わずどこの守備も出来る)小児の総合診療医です。
また、非常勤医には大学病院において、神経、代謝・内分泌、感染免疫の専門的診療に従事している医師もおり、当科内での一般診療と専門的診療、および、当科と高次医療機関(大学病院)との間でスムースな連携が取れるのが特徴です。
なお、症状によっては、(やけどをした、足をくじいた、事故にあったなど)子どもであっても他の診療科で専門的診療が必要な場合がありますので、何科を受診したらいいのか迷う場合には受診前に御相談ください。
※当院では、原則中学生までを『小児(こども)』としております(15歳の場合、中学生なら小児科、高校生相当ならば内科にて診療を行っております)が、慢性疾患などで継続的に長期に小児科で加療を行っている場合には、15歳を超えても小児科で継続加療することも可能です。

医師プロフィール

豊永 義清

役職

院長補佐/小児科部長

専門分野・得意とする手技

小児細菌感染症

認定資格等

日本小児科学会認定専門医・指導医
日本感染症学会専門医・指導医/評議員
日本小児感染症学会理事
日本化学療法学会認定専門医
ICD認定医
東京慈恵会医科大学医学部客員教授(小児科学教室、医療保険指導室)
医学博士(東京慈恵会医科大学)

岩村 透

役職

小児科副部長

専門分野・得意とする手技

感染症予防(予防接種、ワクチン)、小児アレルギー疾患

認定資格等

日本小児科学会専門医
臨床研修指導医

受診を希望される方

一般外来

一般外来のご予約・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

埼玉石心会病院受付
 TEL.0429536611 

一覧に戻る