診療科のご案内

皮膚科

皆様へ

最新の情報に基づいて、適切な診断、治療を心がけ、幅広い皮膚疾患に対応しています。頭から足の先まで、口の中や爪も、目に見えるところに出たものについて皮膚科でご相談ください。 痛い、痒いなど皮膚表面に症状が出ていなくても皮膚疾患の可能性がありますのでご相談ください。皮膚疾患は他の臓器からの異常に基づくことも多いため、他科との連携にも配慮しています。
地域の方々から信頼されるさやまの皮膚科を目標に日々診療しております。 当科は日本皮膚科学会皮膚科専門医研修施設および、日本アレルギー学会アレルギー専門医教育研修施設(皮膚科)の認定を受けており、若手医師の教育にも力を入れております。 院内では多職種による褥瘡対策チームを組み、当院全入院患者さんを対象に、褥瘡治療および発生予防に取り組んでいます。

皮膚科が扱う主な病気

1. アトピー性皮膚炎、接触皮膚炎(かぶれ)、薬疹、蕁麻疹などアレルギー性疾患もしくはアレルギー類縁疾患。
2. 細菌(とびひ、蜂窩織炎)、ウィルス(帯状疱疹、ヘルペス)、真菌(白癬)、虫(虫刺症)による皮膚感染症。
3. 疣贅(いぼ)、胼胝(たこ)、鶏眼(うおのめ)、爪の病気、口の中の病気、多汗症、にきび、酒さ(赤ら顔)など日常生活を損なわれる疾患。
4. 乾癬、掌蹠膿疱症、水疱症、膠原病、脱毛症、白斑など専門的診断および治療が必要な疾患。
5. 皮膚腫瘍(ほくろ、その他)の診断と治療。悪性腫瘍(皮膚がん)の場合は専門施設と連携して対応します。
6. 褥瘡、潰瘍、熱傷など専門的治療が必要な疾患。重症熱傷、広範囲な植皮手術等、高度な治療が必要の場合は専門施設と連携して対応します。

皮膚科の特色

現在常勤2名、非常勤医3名で診療を行っています。皮膚科的検査として、皮膚生検(病理組織)、貼付試験(パッチテスト)、直接鏡検、培養検査、ダーモスコープ、血液・尿検査、 画像検査などを重視しています。外来診療を主に行っておりますが、蜂窩織炎、帯状疱疹など入院治療にも対応しています。 より専門的な治療が必要な場合には、大学病院などの専門施設に迅速に紹介致します。
※局所多汗症に対して塩化アルミニウム外用治療、ボトックス局所注射(腋窩:保険治療、腋窩以外:自費治療)等、
重症度に応じた適切な治療を行っています。
※酒さ(赤ら顔やにきび様の顔のブツブツ)に対してきめ細やかな治療を行っています。

治療実績

平成27年度は、総外来患者数12975人、総新患外来患者数1492人、総入院患者数21人、外来手術件数90件、皮膚生検数25件でした。

医師プロフィール

土橋 隼人

役職

皮膚科医員

専門分野・得意とする手技

皮膚科一般、皮膚病理

受診を希望される方

一般外来

一般外来のご予約・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

埼玉石心会病院受付
 TEL.0429536611 

一覧に戻る