医療技術職のご案内

検査部:内視鏡室

皆様へ

上部内視鏡、下部内視鏡をはじめ、内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)、内視鏡的逆行性胆道膵管造影(ERCP)、小腸内視鏡などの検査を行っております。

内視鏡室の概要

当院では最新機器を導入し、一般的な内視鏡検査・処置を始め、専門的な内視鏡治療を積極的に行っています。

  1. 上部消化管内視鏡(胃カメラ)、下部消化管内視鏡(大腸カメラ)
    胃・大腸を含めた消化管に対する内視鏡検査・治療では、早期消化管腫瘍に対する新しい技術である内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)により、従来は外科手術が必要であった病変も、 体に負担の少ない内視鏡治療が可能となり、当検査室においてもすでに導入を行い、確実に成果をあげてきています。
  2. 胆膵内視鏡(ERCP)
    乳頭括約筋切除術(EST)やバルーン拡張(EPBD・EPLBD)、ドレナージチューブの留置(ERBD/ENBD)といった胆管炎や閉塞性黄疸などの治療、また胆管及び膵臓悪性疾患に対してのメタリックステント留置なども行っています。
  3. 小腸内視鏡(カプセル内視鏡・ダブルバルーン内視鏡)
    クローン病や原因不明の消化管出血(OGIB)などには、カプセル内視鏡を実施。病変が発見されればダブルバルーン内視鏡による治療も行っています。
    他に、気管支内視鏡など多岐に渡った内視鏡を行っております。また消化管出血に対しての止血治療、食道静脈瘤に対する治療、総胆管結石除去などの胆管・膵菅の治療など緊急を要する検査において24時間体制で対応しています。 配属されている2名のスタッフが、消化器内視鏡技師免許を有しており、検査知識・技術は勿論、機器管理・感染管理においても高い知識の基、より安全で安心な医療提供に努めています。

主な検査項目

上部消化管内視鏡(胃カメラ)、下部消化管内視鏡(大腸カメラ)、ERCP、小腸内視鏡(ダブルバルーン内視鏡・カプセル内視鏡)、気管支内視鏡

スタッフ紹介

構成人数(2018年7月現在)
臨床検査技師:7名

認定資格者(2018年7月現在)
臨床検査技師
臨床検査技師追認資格:検体採取講習会受講済
消化器内視鏡技師

安田 卓矢

役職

係長

取得資格

埼玉県がんコーディネーター


一覧に戻る