医療技術職のご案内

検査部:生理検査室

検査部

ミッションに「私達は精度の高い検査を遂行し、診療を通して患者さんの治療に貢献します」を掲げ、臨床検査技師のプロとしてジェネラルスキルとプロフェッショナルの融合を目指して日々精進しております。
臨床検査技師は総勢40名、検体検査室、生理検査室、病理検査室、内視鏡室に勤務しています。


皆様へ

生理検査室では、心電図、肺機能、脳波などの生理学的機能検査をはじめ、心臓、腹部、乳腺、甲状腺、血管などの超音波検査を行っています。検査は非侵襲的なものであり、患者さんにやさしい検査です。私たち技師は病気の早期発見、および迅速な対応、患者さんへの丁寧な接遇に心掛けています。

生理検査室の検査装置

心電計:3台
24時間ホルター(記録器:10台、解析装置:1台)
心肺運動負荷装置:1台
脈波検査装置:1台
呼吸機能装置:1台
脳波計:1台
神経生理装置:1台
超音波装置:5台
簡易型睡眠時無呼吸検査機器:3台
皮膚灌流圧測定機器:1台

生理検査室の特色

超音波による画像検査、心電図などの波形検査など、検査部位や方法、検査結果は多種多様です。中でも超音波検査の需要は高く、スクリーニング検査をはじめ術前の精密評価を行っています。
エコー装置は、心臓用としてフィリップス社製のEPIQ7、腹部、表在用として日立社製のアリエッタ850を導入しています。2機種とも性能の高い上位機種であり、 より細部まで鮮明な画像の描出が可能であることや最新の評価機能があること、特にフィリップス社のEPIQ7においては、3Dエコー画像が構築できる装置であり、心臓術前評価として有用性の高い装置です。 その他にエコーは、乳腺・甲状腺穿刺、腹腔穿刺、術中エコーなど、様々な治療場面でも用いられる需要の高い検査装置です。
検査機器は比較的小型なものが多いため、重症患者さんや検査室に来られない患者さんの場合には、病棟に出張検査に伺っています。
検査結果は日本光電社のPrime Vita Plusを導入し、電子カルテで速やかに参照することが可能です。
私たち技師は、迅速かつ質の高い検査を提供するために、日々の検査機器の点検を怠らず、知識と技術向上に向け取り組んでいます。

スタッフ紹介

構成人数(2021年4月現在)
臨床検査技師:12名

認定資格者(2021年4月現在)
超音波検査士(循環器、消化器、体表臓器、血管、泌尿器、健診)
血管診療技師
心臓リハビリテーション指導士
2級臨床検査士(循環生理)
緊急臨床検査士
心電図検定2級
心電図検定3級
消化器内視鏡技師
埼玉県肝炎医療コーディネーター

森田 輝明

役職

検査部 課長代行

認定資格等

超音波検査士(循環器)
心臓リハビリテーション指導士
2級臨床検査士(循環生理)

多賀谷 友香

役職

係長

認定資格等

超音波検査士(循環器、消化器、体表臓器、血管、泌尿器、健診)
血管診療技師
2級臨床検査士(循環生理)
緊急臨床検査士

小林 保彦

役職

係長

取得資格

消化器内視鏡技師
埼玉県肝炎医療コーディネーター

医療技術職 募集情報

医療技術職の募集情報はこちらをご覧ください。

一覧に戻る