病院紹介

病院長

埼玉石心会病院 病院長

石井 耕士

埼玉石心会病院は「断らない医療」「患者主体の医療」「地域に根ざし地域に貢献する医療」という3つの理念をもとに1987年開院し、地域の急性期医療を担ってまいりました。

日進月歩の医療に対応すべく、また地域からの医療ニーズにさらに応えるために、2017年11月新築移転し349床から450床へ増床しました。
特に脳、心臓疾患は1分1秒が患者さんの生死を分けるため24時間対応する体制と最新設備を備えるほか、屋上にはドクターヘリ、防災ヘリが離発着できるヘリポートがあり災害時の遠隔地からの医療にも対応可能です。

2020年度は新型コロナウイルス感染症が全世界で蔓延し、現在2021年度も引き続き最も深刻な医療問題となっております。 当院の取り組みとしては、2020年9月から新型コロナウイルス重点医療機関として患者を受け入れ治療を行っております。
また、この様な中、理念である「断らない医療」を実践し続け、結果的に2020年度は救急車8,300台以上の受け入れを行い、埼玉県で救急車受け入れ数が1位となりました。

今後我々は、地域の患者さんに最高の医療を提供するために、臓器横断的な診療を行う救急医、総合診療医、集中治療医を基盤にし、臓器特異的な診療を行うSpecialist(専門医)と緊密に連携して診療内容を一層充実させるよう精進したいと思います。

この地域に暮らす人達が健康問題を抱えた時に「埼玉石心会病院があるから安心」と思って頂けるような存在になれる様に、これからも精進してまいります。