病院紹介

緩和ケア病棟

緩和ケアとは?

緩和ケアとは、がん等の生命を脅かす病気に直面する患者さんとそのご家族に対して、身体的・精神的・社会的・スピリチュアルな苦痛の緩和を行う医療ケアです。

私たちの緩和ケアの理念

私たちは、治癒困難な悪性腫瘍という病気を持った患者さんが、その最期の時までその人らしさを失わず、日常性を保てるように最大限援助します。そのためにはご本人の希望した選択を最優先と考え、ご家族の希望を尊重しながら援助の計画をたてて実行します。同時に身体的・精神的苦痛症状の緩和を可能な限り行います。

計画の実行に際しては、患者さん・ご家族の思いを汲み、充分に対話をすることが重要であり、緩和ケア病棟のスタッフと、患者さん・ご家族とがお互いに「人と人」として尊重しあうことも大切と考えます。

さらに、患者さんが自ら適切な選択をするためには、病気に関する情報を、必要な時に必要なだけ知りうる環境を作る事が重要と考えます。

当病院の緩和ケア病棟の特徴

快適な安らぎの環境
全室個室で20室をご用意しました。

自由な面会時間
面会時間に制限はありません。24時間面会が可能な病棟です。

専門性豊かな病棟スタッフ
緩和ケア内科医師、看護師が中心となり、必要に応じてメンタルヘルス科医師、医療ソーシャルワーカー、薬剤師、栄養士、臨床心理士、理学療法士、音楽療法士などが加わります。

緩和ケアのほか、在宅への調整、家族のケアなど幅広い対応
急性期病院の中にあり、各診療科との連携が可能です。

治療・ケアの内容

(1) 苦痛の緩和
身体のつらさ:最新の専門知識にもとづいた適切な症状緩和を継続的に行います。

心やその他のつらさ:スタッフ全員で緩和に努め、必要があれば専門家に相談します。
※点滴、輸血、酸素吸入等は必要時に行います。ただし状態悪化時の心肺蘇生、人工呼吸器の装着、延命目的の昇圧剤の使用および心電図などのモニター類の装着は行いません。
※代替療法については、 ご相談ください。

(2) 基本的な日常生活の援助
食事、排泄、睡眠などを、日常行っていた方法により近い状態でできるようお手伝いします。

(3) 在宅ケアへの調整
入院中の患者さんが在宅での治療を望まれる場合は、その条件を満たすために緩和ケア病棟スタッフがご本人、ご家族に協力します。在宅ケアが可能であれば、すみやかに地域の在宅スタッフとの調整を行います。

(4) ご家族へのケア
ご家族や大切な人が後悔の無いように十分に患者さんと関われるように援助します。

入院していただく方の条件

  1. 主治医の先生が、治癒困難と判断しているがん、悪性腫瘍の患者さんであること。
  2. ご本人およびご家族、あるいはその一方が、当院の緩和ケア病棟の理念や治療内容を理解された上で、入院を希望されていること。
  3. 病名・病状がご本人に告知されていることは必須と考えません。しかし、「ご本人に尋ねられたことには嘘をつかないこと、患者さんご本人の求めがあれば病名、病状をお話しすること」について、ご家族の了解が得られていること。

以上が基本的な条件になります。
◆緩和ケア病棟へ入院する場合は、緩和ケア内科の医師が担当になります。

費用

各種健康保険が適用されます。お部屋によっては、1日20,000円、10,000円、5,000円(税込)の個室料金をお願いしています。

入院についてのご相談は?

緩和ケア病棟についてもっと知りたい方は、まず、埼玉石心会病院のソ-シャルワーカー課までお電話ください。[04-2953-6611(代表)]
医療ソーシャルワーカーが、緩和ケア病棟の概略をご説明いたします。
ご本人・ご家族からの電話相談、面談にも対応しています。入院に限らず、緩和ケアの外来通院、訪問診療等の相談も担当の医療ソーシャルワーカーが対応しています。
緩和ケア病棟への入院を希望される方、検討される方は緩和ケア相談外来を受けていただきます。
緩和ケア相談外来 完全予約制
  1. 外来日時  月曜:午後2時・3時
          水曜:午前11時・午後4時
          ※祝日休み
          ※ご家族のみの受診も可能です。
  2. 費用    5,400円(税込)
  3. 持ち物   診療情報提供書(紹介状)、レントゲンやデータの写しなどのCD-ROM
  4. ※相談外来当日は、埼玉石心会病院1階外来受付へおこしください。

緩和ケア相談外来は、緩和ケア内科医師、担当看護師にて面談し、必要に応じて医療ソーシャルワーカーも同席します。当病棟のケアの方針、入院の条件等についてお話をし、施設を見学していただきます。その場でご質問にもお答えします。所要時間は約1時間です。
緩和ケア相談外来の最後に、入院を希望されるかどうかをお尋ねし、希望される場合は、入院をお受けできるかどうか、またその時期について、その場でお答えいたします。状況によっては、お答えに数日のお時間を頂くことがあります。
後日のご入院を希望される場合もソーシャルワーカーへご連絡ください。

緩和ケア病棟の設備

病室:全室個室で、電動ベッド、床頭台、セキュリティボックス、ソファ、冷蔵庫、テレビ、トイレ、洗面台を備えています。写真は一例です。一部の病室については設備が異なる場合があります。

デイルーム:患者さん、ご家族がコミュニケーションを図る場です。テレビを観たり、電子ピアノの演奏もできます。

キッチン:簡単な調理ができる設備を整えました。

入浴設備:横になったまま入浴できる機械浴室があります。写真のシャワールームは、ご家族の方もご利用できます。

ご家族控え室:和室と洋室の計2部屋あり、ご家族が無料で利用できます。ご希望の際はスタッフにご相談ください。

バルコニー:外の空気が吸え、季節の花や緑が楽しめます。車椅子に乗ったり、ベッドのままでも出られます。

交通案内

交通案内はこちら