診療科のご案内

脳神経外科

受診のご案内

一般外来のご予約

紹介状をお持ちの方 ご予約・お問合せはこちら

初診患者さん・再診患者さん ご予約・お問合せはさやま総合クリニックへ

 
午前   竹内 誠
【脳神経外科】
都築 伸介
【脳神経外科】
石原 正一郎
【脳血管内治療科】

鎌倉 恵子
【神経内科】
望月 温子
【神経内科】
近藤 竜史
【脳血管内治療科】
午後 徳重 一雄
【脳神経外科】
石原 正一郎
【脳血管内治療科】

竹内 誠
【脳神経外科】

海田 賢一
【神経内科】
  掛樋 善明
【脳血管内治療科】

長谷川 真作
【水頭症外来】

鎌倉 恵子
【神経内科】
上宮 奈穂子
【脳血管内治療科】
 
救急外来

救急の場合は埼玉石心会病院の救急外来を受診ください。受診の詳細は埼玉石心会病院受付にお問い合わせください。

脳神経外科

皆様へ

脳神経外科では現在4名の常勤医師と回復期病棟を統括する脳外科医1名、非常勤医師3名を含め8名で脳神経外科全般の疾患に対応しております。現在年間7500台の救急車を受け入れている当院では、脳神経系疾患の救急患者さんが多く、その中にはくも膜下出血(破裂脳動脈瘤)、急性期脳梗塞、脳内出血、頭部外傷をはじめとする緊急治療を要する患者さんも多く受け入れております。また高齢者に多い認知症を呈する正常圧水頭症などの治療も積極的に行っています。なるべく脳に負担をかけない治療を最優先とする方針で脳血管内治療や神経内視鏡治療といった低侵襲手術を第一選択として患者さんの機能予後の向上に努めています。

脳神経外科が扱う主な病気

脳動脈瘤、脳動静脈奇形、頸動脈狭窄症、頭蓋内主幹動脈狭窄症、急性期脳塞栓症、術前塞栓術を要する脳腫瘍、水頭症、脳室内腫瘍、嚢胞症、脳内血腫、脳室内血腫、脳下垂体腫瘍 など

脳神経外科の特色

<なるべく切らない低侵襲治療を最優先!>
医学全般がより低侵襲化となっている昨今ですが、脳治療の分野でもこの低侵襲治療が飛躍的に進んで参りました。当脳神経外科ではこの時代の最先端の方向性に基づき、まずは脳や体により負担をかけない治療を第一選択とする低侵襲治療方針を進めております。脳の低侵襲治療とは脳血管内手術や神経内視鏡手術といった開頭しない治療というだけではなく、開頭を要する治療の場合でもなるべく脳に負担をかけない手術法で行うことを目指しています。これにより患者さんはより回復が早く短い入院期間で早期の社会復帰を目指せます。
2017年秋からスタートする新病院においては、この低侵襲治療を更に進めるために最先端装置とシステムを導入し、低侵襲治療を行うセンターを開設する予定です。

脳血管内治療について
対象疾患:脳動脈瘤、脳動静脈奇形、頸動脈狭窄症、頭蓋内主幹動脈狭窄症、急性期脳塞栓症、術前塞栓術を要する脳腫瘍、など

脳血管内治療とはカテーテルを用い、脳内の以下の疾患に対し開頭せずに血管内の中からアプローチし治療する方法です。通常は足の付け根(鼠径部)より約2mm前後のカテーテルを頸部血管まで誘導し、その中にさらに細いマイクロカテーテルを入れ頭蓋内の病変部まで進め、拡張する動脈瘤内にプラチナのコイルを入れ塞栓したり、脳梗塞の原因となる狭窄部を拡張したり、異常な血管奇形への血流を遮断したりする治療です。開頭術に比べ脳に触れませんので脳や体に対する負担は非常に軽く、通常手術後約1週間程で退院となります。

未破裂脳動脈瘤の方は破裂する前に治療することが望ましいとされていますが、動脈瘤の大きさや形状、血管の蛇行などの解剖学的条件のみならず、ご本人の健康状態や年齢、活動状況などを考慮し十分に相談させて頂いた上で血管内手術をお引受けしています。動脈瘤が破裂しくも膜下出血になり搬送されてくる患者さんにも、この脳血管内手術を第一選択として考え、カテーテルで治療できる動脈瘤は全てこの方法で治療を行っています。脳血管内治療に不向きな動脈瘤もあるためその場合は開頭クリッピング術を選択しています。

脳動脈瘤例 ◆治療前(○印:動脈瘤) ◆治療後(○印:塞栓後)

脳動脈瘤例

頸動脈狭窄症に対してもカテーテルを用いてステントを留置術を行っています。動脈硬化性病変として頸動脈にプラークが付着し血管の内腔を狭める本疾患は近年非常に増加しており、当院でも多くの患者さんのご紹介を受け治療を行っています。ステント留置術では切開せずに短時間で行えるため、患者さんの負担も軽くまた最近の治療器具の目覚ましい発達と共に治療成績が向上しています。

カテーテルを用いてステントを留置術

ただし病変部のプラークが非常に柔らかく末梢に飛びやすい場合や、血管の蛇行が著明な場合など血管内治療に不向きな例もあり、その場合は病変部を外科的に切開して治療する内膜剥離術を行います。

急性期脳塞栓症は最近非常に注目されている疾患です。心臓に不整脈が発生することにより心臓内に出来た血栓が脳の血管に飛んで、詰まる疾患です。以前は静脈注射により血栓を溶解する薬を注入する治療が主流でしたが、現在では血管内手術で直接詰まっている血栓を回収、除去することが出来るようになっています。発症から6時間以内の患者さんですぐに血管内手術が出来れば約50%近くの人は重症な脳梗塞にならずに救うことが出来る時代になり、当科でも本治療により急性期脳塞栓症の患者さんの治療を積極的に行っています。また循環器内科医、心臓外科医と連携し不整脈やそれに伴う血栓発生の予防にも努めています。

急性期脳塞栓症

脳血管内治療は担当医師(石原部長、上宮副部長)が検査、治療を担当しております。上記2名の担当医師は埼玉医科大学国際医療センター脳血管内治療科より本年(2016年)3月に当院に異動してまいりました。これまでに約2000件以上の脳血管内治療を経験しており、石原部長、上宮副部長ともそれぞれ日本脳神経血管内治療学会の指導医、専門医を取得しております。特に石原部長は国内外の学会、研究会において指導的立場で活動を進めておりこれまでに多くの専門医を輩出しています。

神経内視鏡治療

神経内視鏡とは脳内疾患に用いる内視鏡のことで、水頭症や脳室内腫瘍、嚢胞症、脳内血腫、脳室内血腫、脳下垂体腫瘍、その他の疾患を対象としています。これまで行われてきた脳外科顕微鏡手術の一部はこの神経内視鏡手術に変わりつつあり、低侵襲治療の重要な柱として今後更に発展していく分野です。
当科では神経内視鏡技術認定医である石原部長、徳重副部長によりこれら神経内視鏡治療が進められており、より脳への負担を少ない治療を目指しています。

脳動脈瘤例

正常圧水頭症

正常圧水頭症は主に60歳以上の高齢者に発生しやすい疾患で、歩行障害、認知機能低下、尿失禁などが主な症状です。特徴的な脳室拡大がありMRIやCTで診断されることが多い疾患です。埼玉西部地区では高齢者が多いため本疾患の方が地域に多いと思われますが、時になかなか正確に診断されず治療に至らない方もいらっしゃいます。本疾患の認知機能低下(ボケ)は外科的治療(シャント術)で改善される場合が多いため、積極的に治療に当たっています。術前には画像検査の他に、高次機能検査、歩行状態の確認などを行い、治療は主に腰椎腹腔シャント術を行っています。

シャントにより認知症、歩行障害、尿失禁などが劇的に改善された例

脳動脈瘤例

<開頭手術を含めた外科治療について>

全ての手術は、日本脳卒中の外科学会 技術指導医(都築)の全責任のもと、熟練のスタッフが正確無比の技術を駆使して行っています。開頭手術を含めた外科治療も、できる限り小さな手術創、小さな開頭で、低侵襲に行っています。 また、開頭手術を含めた外科治療は、脳神経外科領域の先達による尊い尽力により古い歴史を有するとともに、科学的に長期的有効性・安全性が証明されています。

対象疾患:脳動脈瘤、脳動静脈奇形、頚部内頚動脈狭窄症、頭蓋内主幹動脈狭窄症、慢性硬膜下血腫、良性脳腫瘍、など

1.脳動脈瘤

未破裂脳動脈瘤に対しては破裂防止目的で、破裂脳動脈瘤くも膜下出血に対しては再破裂防止目的で、開頭手術(正式名称:開頭脳動脈瘤頚部クリッピング術)が行われています。 顕微鏡を用いて直視下に脳動脈瘤にクリップをかけるため、安全確実に脳動脈瘤を処理することが可能です。

未破裂脳動脈瘤:当科では最小限の皮膚切開、最小限の開頭で低侵襲手術を行い、その結果、最短で術後5日目に退院される患者さんもいます。 その他の患者さんも術後10日前後で退院されています。この開頭手術は根治性が高く、一度の手術で完全に治癒します。この根治性が開頭手術の最大の利点です。また術後に特に内服薬の服用は不要です。これも開頭手術の大きな利点です。

脳動脈瘤

小開頭によるクリッピング術

破裂脳動脈瘤(くも膜下出血):脳動脈瘤のクリッピングとともに、くも膜下腔に広がった血腫を可及的に除去し、くも膜下出血後に発生する脳血管攣縮(脳の血管が細くなる病態)を予防することが可能です。

2.脳動静脈奇形

脳動静脈奇形は先天性の疾患で、出血を起こしたり、てんかん発作の原因となります。血管内治療と開頭摘出術を併用することにより、根治が可能です。

3.頚部内頚動脈狭窄症

頚部内頚動脈の血管壁内にプラークと呼ばれる物質が蓄積し、血管を狭窄、あるいは閉塞する疾患です。脳梗塞の原因となります。食生活の欧米化に伴い、我々日本人に増加しています。外科的にこのプラークを切除する頚動脈内膜剥離術(Carotid endarterectomy)はその標準的治療です。当院では全例、「内シャント」と呼ばれるチューブを用いて手術を行っています。このチューブを、病変部をまたいで心臓側と脳側の血管内に挿入することにより、手術中にも脳への血流を保つことが可能です。手術の適応(本当に手術が必要なのか、内服薬だけではダメなのか)に関しては、きちんとした科学的根拠(エビデンス)があります。当院ではこのエビデンスに則り、手術の適応を決定しています。

頚部内頚動脈狭窄症

4.バイパス手術(浅側頭動脈・中大脳動脈吻合術)

動脈硬化のために、頭蓋内(脳内)の血管が狭窄、あるいは閉塞した場合、将来大きな脳梗塞の再発・発症が懸念されます。このような患者さんに対しては頭皮に栄養を送っている血管(浅側頭動脈)を剥離し、病変部の先の脳血管(中大脳動脈)につなぐバイパス手術が行われます。最近我が国で行われた研究でこの手術の有用性が証明されました。当院では脳血流検査を行って厳密に手術適応を検討しています。手術が必要と判断された患者さんにこの手術をお勧めしています。手術は顕微鏡下に行われ、径約1 mmの血管を正確に吻合します。

バイパス手術

ニューロナビゲーターを用いた小開頭、小硬膜切開によるバイパス術、いわゆるターゲットバイパス術

5.慢性硬膜下血腫

我々脳神経外科医が日常最もよく遭遇する疾患です。軽微な頭部外傷が原因とされ、一般に外傷後3週間以降に発症します。比較的高齢の男性に多いとされています。頭蓋骨の内側にある硬膜と呼ばれる膜と脳の表面の間に徐々に血液が貯留して脳を圧迫し、症状が出現します。主な症状としては片麻痺(歩行障害、上肢の脱力等)、記銘力低下、認知症様症状などが挙げられます。手術は局所麻酔下に頭蓋骨に一円玉大の穴を開け、血腫腔に細いチューブを挿入します。病室に戻り、およそ一晩かけてゆっくりと血腫を排出します。術後症状は劇的に改善し、通常3〜5日で退院です。約5%の患者さんに再発が認められます。

6.良性脳腫瘍

髄膜腫をはじめとする良性脳腫瘍摘出術を行っています。髄膜腫は成人に発生する良性脳腫瘍の代表的疾患です。通常、腫瘍栄養血管(腫瘍に栄養を送っている血管)に富んでいるため、摘出に際してはかなりの出血を覚悟しなければなりません。しかし当院では、腫瘍摘出手術に先立って血管内手術により腫瘍栄養血管塞栓術(腫瘍栄養血管を塞栓物質で閉塞する手術)を行っています。この処置により、摘出手術における出血量が激減し、クリーンな術野でより安全、低侵襲な手術を行うことが可能です。
※悪性脳腫瘍は、術後に放射線治療が必要です。現在当院には放射線治療設備がないため、悪性脳腫瘍の患者さんはしかるべき関連大学病院へご紹介しています。

医師プロフィール(脳血管内治療科)

石原 正一郎

役職

院長/脳神経外科部長/低侵襲脳神経センター長

専門分野・得意とする手技

脳低侵襲治療、脳血管内治療、神経内視鏡治療

認定資格等

日本脳神経外科学会専門医・指導医
日本脳神経血管内治療学会専門医・指導医
日本脳卒中学会専門医
日本神経内視鏡学会技術認定医
医学博士(順天堂大学)

上宮 奈穂子

役職

脳神経外科副部長

専門分野・得意とする手技

脳血管内治療、脳神経外科一般

認定資格等

日本脳神経外科学会専門医・指導医
日本脳神経血管内治療学会専門医
医学博士(埼玉医科大学)

近藤 竜史

役職

脳神経外科副部長

専門分野・得意とする手技

脳卒中治療
脳血管内治療

認定資格等

日本神経学会認定神経内科専門医
日本脳神経血管内治療学会指導医
医学博士(岩手医科大学)

掛樋 善明

役職

脳神経外科副部長

専門分野・得意とする手技

脳血管内治療

認定資格等

日本神経学会認定神経内科専門医
日本内科学会内科認定医

医師プロフィール(脳神経外科)

都築 伸介

役職

脳神経外科副部長

専門分野・得意とする手技

脳神経外科一般、脳血管障害、良性脳腫瘍

認定資格等

日本脳神経外科学会専門医・指導医
日本脳卒中学会専門医・技術指導医
医学博士(順天堂大学)

德重 一雄

役職

脳神経外科副部長

専門分野・得意とする手技

神経内視鏡治療、脳血管障害

認定資格等

日本脳神経外科学会専門医
日本神経内視鏡学会技術認定医
日本脳卒中学会専門医
日本救急医学会救急科専門医
身体障害者指定医

扇一 恒章

役職

さやま総合クリニック副院長

認定資格等

日本脳神経外科学会認定専門医
身体障害者指定医
医学博士(富山医科薬科大学)

お問い合わせ

埼玉石心会病院受付
 TEL.0429536611 

一覧に戻る