医療技術職のご案内

リハビリテーション部

皆様へ

当院では急性期医療と地域に密着したリハビリテーションを目指し、入院(一般急性期・回復期)リハビリテーションを実施しています。
特に脳卒中リハ、心臓リハ、整形外科リハにおいては術後早期から介入し、365日リハビリを行えるよう体制を整えています。
また、それぞれの病棟にリハビリ専門スタッフを配置し、多職種(医師・看護師・医療ソーシャルワーカー)と患者さんの情報共有が円滑に出来るよう、複数の職種が連携を取り合うチーム医療を実践。自宅に帰られた後も外来・訪問リハビリテーションが受けられ、安心して生活ができる環境にしております。

リハビリテーション部の特色

当院は、急性期リハビリテーション病棟、回復期リハビリテーション病棟に分かれています。

■急性期

急性期リハビリテーション病棟では、早期に介入し早期離床を促すアプローチを展開していくことで、患者さんの機能回復の向上に努め、安全で質の高いリハビリテーションを提供しています。

低侵襲脳神経センターチーム

低侵襲脳神経センターチーム

内科病棟チーム

内科病棟チーム

外科・整形病棟チーム

外科・整形病棟チーム

心臓血管センターチーム

心臓血管センターチーム

■回復期

回復期リハビリテーション病棟では、自宅・社会復帰を目的とした身体機能および日常生活動作(ADL)の回復と社会生活に向けた動作練習が大きな目標となります。 1日2~3時間、個々に合わせた適切なリハビリを提供し、患者さん家族の要望にもお応えできるよう、チームとして努めております。また、実際に担当者がご自宅へ伺い生活環境チェックをして、家屋評価なども積極的に行っています。

回復期病棟チーム

回復期病棟チーム

作業療法士の紹介

作業療法士(Occupational Therapist)は、患者さんご自身あるいは、ご家族にやってもらいたいと思われる作業(食事・トイレ・入浴・家事・車の運転・仕事など)ができるように、 患者さん、ご家族と一緒に考えながら行っていくリハビリテーション専門職です。
住み慣れた地域で、自分らしく、生き生きとした豊かな生活の再構築を目標に、今できる最善のリハビリテーションを提供できるように日々取り組んでおります。
最近では、自動車運転支援、脳血管疾患片麻痺患者さんへの上肢機能訓練にも力を入れております。

言語聴覚士の紹介

言語聴覚士(Speech Therapist)は、コミュニケーションが困難になってしまった(失語症・構音障害)方々、食べる力が低下した、飲み込みが困難になってしまった(摂食嚥下障害)方々に対して専門的な評価・訓練をするリハビリテーション専門職です。

■コミュニケーション障害に対するリハビリテーション

脳卒中などにより「話す」「聴く」「読む」「書く」ことが障害される失語症や構音障害に対して、詳細な評価をしていきます。
一般的になじみの薄い失語症という障害に関してご家族に理解を深めていただくための説明や、コミュニケーションを行う際の注意点や工夫を指導いたします。

■摂食嚥下障害に対するリハビリテーション

脳血管疾患や加齢により食べるための舌や喉の機能が低下した患者さんに対して、主治医の指示のもとに専門的な評価を実施します。病状に応じた訓練や食事内容の検討を行い、患者さんやご家族へ指導を行います。
また、安全に食べるための姿勢や環境、食具等を理学療法士や作業療法士、看護師、栄養士と相談・検討し、チームで取り組んでいます。 嚥下障害に対する専門的な検査を全診療科より依頼を受け、嚥下造影検査(VF)・嚥下内視鏡検査(VE)も実施しております。

当院の言語療法室は、3、4階の病棟フロアにそれぞれ1室、5階の回復期病棟フロアには2室、合計4室備えております。

スタッフ紹介

構成人数(2021年5月現在)
96名(男女比53:43)
理学療法士:62名
作業療法士:22名
言語聴覚士:12名

認定資格者(2021年5月現在)
3学会合同呼吸療法認定士:8名
心臓リハビリテーション指導士:5名
認定理学療法士(脳卒中:3名・運動器:1名・代謝:1名・循環:1名)
糖尿病療法指導士:1名
住環境コーディネーター:2名

竹田 浩明

役職

リハビリテーション部長

認定資格等

3学会合同呼吸療法認定士
専門分野
脳卒中リハビリテーション
呼吸リハビリテーション

小林 陽平

役職

課長

認定資格等

3学会合同呼吸療法認定士
認定理学療法士(脳卒中)

荒井 幹人

役職

課長

認定資格等

心臓リハビリテーション指導士

堀口 貴子

役職

係長

福原 弘之

役職

係長

認定資格等

心臓リハビリテーション指導士
3学会合同呼吸療法認定士

森田 照明

役職

係長

古津 政明

役職

係長

岡村 弘樹

役職

係長

杉水流 豊

役職

係長

宮園 康太

役職

係長

認定資格等

3学会合同呼吸療法認定士

飯島 崇敬

役職

係長

藤井 一弥

役職

係長

認定資格等

3学会合同呼吸療法認定士

安藤 淳一

役職

係長

学会発表・論文

<学会発表>

  • PT 小林陽平「機械学習を用いた回復期 脳卒中患者における自宅退院の予後予測の検討」
    第37回 回復期リハビリテーション病棟協会研究大会 2021年3月1日~31日 in熊本(WEB)
  • OT 武藤研吾「ADOC.ADOC-Hと課題施行型アプローチを併用し上肢使用頻度改善を認めた事例」
    第37回 回復期リハビリテーション病棟協会研究大会 2021年3月1日~31日 in熊本(WEB)
  • PT 白石睦「補足運動野の障害により姿勢反射障害・初動困難・強制把握・自発性の低下を呈した症例に対する理学療法の経験」
    西武ブロック川越エリア症例検討会 2021年2月16日〜17日 オンライン開催
  • PT 内田陸人【急性心筋梗塞後、重度低心機能を呈した症例】-呼吸・循環動態、負荷量調整に着目して-
    西武ブロック川越エリア症例検討会 2021年2月16日〜17日 オンライン開催
  • PT 小林陽平「機械学習を用いた急性期脳卒中患者における退院時 ADLの予後予測 ~多施設研究~」 
    第18回 日本神経理学療法学術大会(京都)2020年11月28日〜29日 オンライン開催
  • OT 古津政明「中等度左片麻痺患者対する修正型CI療法とIVESを導入し,仕事復帰に至った事例」
    第54回 日本作業療法学会でWEB発表 2020年9月25日~10月25日
  • PT 山口雄士「壮年期重度片麻痺患者の回復段階に合わせ目標設定を行った症例」
    埼玉県理学療法県士会 西部ブロック 川越エリア症例検討会 2019年12月4日
  • PT 仲桂吾「深層学習による入院時脳MRI画像を用いた脳梗塞患者の歩行自立可否の予測」
    第24回 日本基礎理学療法学会(新潟) 2019年11月30日〜12月1日
  • PT 松岡穂奈美「横隔膜運動とpump-handle motion に着目した胸郭コンピュータシミュレーション」
    第6回 日本呼吸理学療法学会(名古屋) 2019年11月10日
  • PT 小林陽平「脳卒中患者における急性期入院時評価を用いた回復期リハ病棟退棟時点の歩行介助の有無に関する因子の検討」
    第17回 日本神経理学療法学術大会(横浜) 2019年9月28日〜29日
  • PT 飯島崇敬「多施設共同研究における急性期脳卒中患者の自宅に関する」
    第54回 西関東IVRセミナー脳血管治療とリハビリ 2019年6月1日
  • PT 仲桂吾「血栓回収術後における退院時FIMの検討」
    第54回 西関東IVRセミナー脳血管治療とリハビリ 2019年6月1日
  • PT 小林陽平(シンポジスト)「脳卒中リハビリテーションにおける多施共同研究の取り組みと課題」
    第27回 埼玉県理学療法学会 2019年1月13日
  • PT 嘉崎珠美「転倒により胸椎圧迫骨折を受傷 歩行獲得に至ったが片脚立位延長に難渋した症例」
    埼玉県理学療法士会 西部ブロック川越エリア 2018年11月28日
  • PT 小林陽平「急性期病院における軽症脳梗塞患者の自宅退院に影響する因子についての検討 〜多施設共同研究〜」
    第16回 日本神経理学療法学術大会 2018年11月10日~11日
  • PT 木村壮介「介護予防と地域・在宅での運動療法」
    第3回 西東京運動療法研修会 2018年7月1日
  • PT 篠田幸奈「脳性麻痺既往により歩行再獲得に難渋した第1腰椎破裂骨折の1症例」
    埼玉県理学療法士会 西部ブロック川越エリア 2017年11月16日
  • OT 森田照明「急性期病院の脳血管障害患者における早期退院に関連する因子の検討」
    第50回 日本作業療法学会(札幌)2016年9月9日~11日
  • PT 松下耕平「Stiff knee gaitを呈する症例 ―歩容改善を目的としたエルゴメーターの思考―」
    埼玉県理学療法士会 西部ブロック川越エリア 2015年11月24日
  • OT 松井真理奈「左肩腱板損傷事例への教育的作業療法の一考察」
    第49回 日本作業療法学会 2015年6月19日~21日
  • PT 大血管 荒井幹人「当院における包括的心臓リハビリテーションを目指した患者教育パンフレット改編の取り組み」
    第21回 日本心臓リハビリテーション学会学術集会(福岡)2015年7月19日
  • PT 脳卒中 小林陽平「急性期脳血管障害患者における歩行予後予測モデルの交差妥当性 ―他施設での検討―」
    第50 回 日本理学療法学術大会(東京)2015年6月7日

<論文>

  • PT 福原弘之・川野拓紀
    『極める 循環器理学療法』 5 開心術後 1)冠動脈バイパス術後(CABG)患者に対する理学療法
  • PT 脳卒中 小林陽平
    理学療法学 第45巻4号掲載:急性期脳血管障害患者における歩行予後予測モデルの交差妥当性 ―当院での検討―

医療技術職 募集情報

作業療法士言語聴覚士を募集しています。
募集情報はこちらをご覧ください。

一覧に戻る