診療科のご案内

心臓血管外科

皆様へ

当院が開院となったとほぼ同時期に心臓血管外科も開設され、約30年となります。その間、埼玉西部地区における中心的な病院として心臓血管外科診療を行ってまいりました。心臓血管外科領域も様々な進歩がみられましたが、その時代としての最高水準の医療を提供できる施設であること、を理念とし診療にあたっています。安全で確実な手術、長期予後を考慮した手術を行っていますが、重症の患者さんでは、全身状態を考慮した手術方法、その患者さんにとってベストな治療とは何かを常に検討しています。また"緊急依頼は断らない"をモットーとし、手術を必要とする心臓血管関連疾患には24時間365日対応しています。

心臓血管外科が扱う主な病気

虚血性心疾患
心臓弁膜症
大動脈瘤、大動脈解離などの血管疾患
閉塞性動脈硬化症、急性動脈閉塞などの末梢血管疾患
その他心臓血管外科対象疾患全般
深部静脈血栓症、急性肺梗塞
透析バスキュラーアクセス手術

心臓血管外科の特色

学会認定施設

心臓血管外科専門医認定機構認定修練施設(基幹施設)
胸部・腹部大動脈ステントグラフト実施施設
TAVI(経カテーテル的大動脈弁置換術)実施施設

手術を必要とする心臓血管関連疾患には24時間365日対応しており、動脈瘤破裂、急性大動脈解離や急性動脈閉塞など多くの緊急手術を行っています。 高齢者や合併疾患のため一般的に手術リスクが高いとされる患者さんにも対応し良好な治療成績をあげています。

2018年5月から, 重症の大動脈弁狭窄症の患者さんに対しTAVI(経カテーテル的大動脈弁置換術)を開始しました。

僧帽弁閉鎖不全症には弁形成術を第1選択とし、大動脈弁閉鎖不全症に対しても適応のある患者さんには自己組織を温存した弁形成術を行い、最近の弁形成術成功率は98%以上です。 人工弁が必要な場合は患者さんの年齢、病状、生活習慣などを考慮し、機械弁、生体弁どちらを使用するかを決定します。
適応のある患者さんには、小さな皮膚切開で行う低侵襲心臓手術(MICS: minimally invasive cardiac surgery)も行っています。

冠動脈バイパス手術では患者さんの体の負担を軽減するため、人工心肺を使用せず心拍動下に手術を行います。また長期的な成績が良好とされる内胸動脈を全例に使用しています。 重症患者さんには、皮膚小切開下バイパス術とカテーテル治療を組み合わせたハイブリッド治療も行っています。

心拍動下冠動脈バイパス術後 CT画像

大動脈疾患には従来の人工血管置換術に加え、ステントグラフト治療(血管内治療)を行っています。個々の患者さんでどちらの治療が適切かを検討しており、良好な治療成績です。

腹部大動脈ステントグラフト治療後 CT画像

当院ではハイブリッド手術室が稼働しています。ハイブリッド手術室とは血管造影装置を備えた手術室のことで、より高度で低侵襲なステントグラフト治療や弁膜症治療を行えるようになりました。

ハイブリッド手術室

ハイブリッド手術室

その他、末梢動脈閉塞疾患に対する血行再建術、下肢静脈疾患に対する治療や透析バスキュラーアクセス手術なども行っています。

治療実績

心臓胸部大血管手術件数

腹部末梢血管手術件数

バスキュラーアクセス手術件数

医師プロフィール

加藤 泰之

役職

心臓血管外科部長

担当

手術・外来

専門分野・得意とする手技

心拍動下冠動脈バイパス術、弁形成術、大血管手術

認定資格等

心臓血管外科専門医・修練指導医
日本外科学会専門医・指導医
日本胸部外科学会認定医
日本循環器学会専門医
日本心臓血管外科学会国際会員
医学博士(大阪市立大学)
身体障害者指定医

出身校

大阪市立大学(1996年卒)

小柳 俊哉

役職

副院長(医療安全)/心臓血管センター長

担当

外来

専門分野・得意とする手技

心臓血管外科全般

認定資格等

心臓血管外科専門医・修練指導医
日本循環器学会認定専門医
日本外科学会専門医・指導医
日本胸部外科学会指導医
獨協医科大学臨床教授
大分大学医学部臨床教授
医学博士(東京女子医科大学)
身体障害者指定医

出身校

大分医科大学(1984年卒)

木山 宏

役職

副院長(チーム医療)

担当

手術・外来

専門分野・得意とする手技

血管外科、大動脈ステントグラフト治療、バスキュラーアクセス手術

認定資格等

心臓血管外科専門医・修練指導医
日本外科学会専門医
日本胸部外科学会指導医
胸部大動脈ステントグラフト指導医
腹部大動脈ステントグラフト指導医
医学博士(獨協医科大学)
身体障害者指定医

出身校

獨協医科大学(1989年卒)

石川 雅透

役職

部長(循環器/プライマリ・ケア)

担当

外来

専門分野・得意とする手技

循環器全般

認定資格等

日本循環器学会認定専門医
日本外科学会専門医
日本糖尿病協会療養指導医
難病指定医(循環器)

出身校

旭川医科大学(1990年卒)

佐々木 健一

役職

心臓血管外科医長

担当

手術

専門分野・得意とする手技

心臓血管外科全般

認定資格等

心臓血管外科専門医

出身校

福井大学(2005年卒)

山田 宗明

役職

心臓血管外科医長

担当

手術

専門分野・得意とする手技

心臓血管外科全般

認定資格等

心臓血管外科専門医
日本外科学会専門医
胸部大動脈ステントグラフト実施医
腹部大動脈ステントグラフト指導医
身体障害者指定医

出身校

杏林大学(2006年卒)

菅野 靖幸

役職

心臓血管外科医員

担当

手術

専門分野・得意とする手技

心臓血管外科全般

出身校

獨協医科大学(2013年卒)

今関 隆雄

役職

心臓血管外科医員(さやま総合クリニック)

担当

外来

専門分野・得意とする手技

心臓血管外科全般、下肢静脈瘤

認定資格等

心臓血管外科専門医
日本外科学会専門医
日本胸部外科学会指導医
身体障害者指定医

高梨 秀一郎

役職

心臓血管外科 顧問
榊原記念病院心臓血管外科主任部長兼副院長

腕の立つ心臓血管外科医をめざす「若手医師」へ

診療科の特徴

  1. 幅広い分野の手術をこなしています(例えば、急性解離のRemodeling、MIC-MVP、MIC-CABG、TAVIなど)。
  2. 少数精鋭のため、手術にほぼ毎日入れます。
  3. ハートチームとして、循環器内科との関係はフレンドリーで連帯感があります(毎週合同カンファをしています)。

手術実績

  1. 心臓胸部大血管手術数は右肩上りです(2015年223例、16年240例、17年269例)。
  2. 緊急手術が多く、特に急性解離は2017年に45例施行しました。
  3. 手術成績は良好で、2017年の手術死亡率は待期手術で0.6%でした。

仕事の内容

  1. 若手外科医は、外来の担当は無く、手術に専念できる体制です。外勤もありません。
  2. 術後管理は自前ですが、ICU 当直と心外当直を合わせて月6回位で、その他にオンコール当番があります。一般救急当直はありません。
  3. 2018年9月からドクターカー運用を開始し、積極的に患者さんを迎えに行っています。

設備の紹介

  1. 病院は450床の総合病院で、心臓血管センターとして2病棟85床あります。
  2. 心外専用手術室1室とハイブリッドオペ室1室があり、ICUは12床あります。
  3. 図書室には専属の病院図書館司書さんがいるため、論文検索は容易で、アカデミックな環境が整っています。

福利厚生

  1. 職員用レストランはメニューが毎日替わり、美味しいと評判です(例えば牛しゃぶトマトドレッシング定食300円、サンマの天然塩焼き定食300円、豚キムチ丼300円、冷やしジャージャー麺300円など)。
  2. 医局のデスクは一人用のボックスタイプで個室感覚です。
  3. 学会補助は年間10万円まで、住宅補助も10万円まで、引っ越し費用は半額支給されます。

連携施設

  1. 獨協医科大学本院と大分大学病院の外科後期研修の連携施設になっており、両大学心臓血管外科医局とは友好関係にあります。
  2. 後期研修プログラムでは、基幹病院での研修は半年間のみで、残りは当院の心臓血管外科で研修可能です。
  3. 榊原記念病院の高梨先生が不定期で手術指導に来られています。

後期研修計画

後期研修1年次の到達目標
◆ 心臓血管系の解剖および病態生理、薬物の使い方が理解できる。
◆ 基本的検査法の理解と実施により的確な診断と病態評価ができる。
◆ 基本的外科手技の理解と実施により適切な処置ができる。
◆ 手術適応の決定と患者さんへの適切なインフォームドコンセントができる。
◆ 開胸、閉胸、人工心肺のカニューレーションの術者、定例・緊急手術の第一助手、バイパスグラフト(SVG)の採取、末梢血管手術の術者ができる。
◆ 人工心肺装置や各種体外循環法を理解し、操作できる。
◆ 正確なカルテ記載、文書作成ができる。
◆ 地方会で発表できる。
◆ 学術論文を投稿できる。
◆ 英語の論文を抄読会で読める。
後期研修2年次の到達目標
◆ あらゆる定例、緊急手術の第一助手、心房中隔欠損症、人工弁置換術、腹部大動脈瘤の術者、バイパスグラフト(ITA,RA,RGEA)の採取ができる。
◆ 主要学会の総会で発表できる。
◆ 後輩研修医を指導できる。
後期研修3年次の到達目標
◆ 胸部大動脈瘤、急性大動脈解離、冠動脈バイパス術などの術者もできる。
◆ 次のステップに向けて準備する。

採用情報の詳細は埼玉石心会病院 医師求人・募集要項まで

お問い合わせ

埼玉石心会病院受付
 TEL.0429536611 

一覧に戻る